【電力のプロ監修】太陽光発電の仕組みとは?21のポイントから完全解説!

【電力のプロ監修】太陽光発電の仕組みとは?21のポイントから完全解説!

 

太陽光発電の見積りで100万人が利用しているタイナビ。

 

優良業者を5社も紹介してくれ、100万円も安くなった事例あり!

 

 

 

 

私は電気関係の仕事を10年以上し(電気の資格あり。)太陽光発電の仕事もしていました。(プロフィール)

 

本日は太陽光発電の仕組みとは?について詳しく解説していきます。


 

太陽光発電に興味があり、

 

「なんで太陽光発電は電気を発電するんだろう」

 

「なんでお金になるんだろう」

 

こんな疑問が多いと思います。もっと疑問があるかもしれませんが。汗。

 

そこで、このページでは太陽光発電についてなぜ、太陽の光が発電され、お金になるのか解説していきます。

 

その他にも太陽光発電のデメリットを紹介していますから、読んでおくと太陽光発電の裏側までわかると思います。

 

ぜひ、最後まで読んでください。

 

 

目次にもどる↑

 

太陽光発電の仕組みとは?

 

 

 

太陽光発電は、なぜ太陽の光で発電するのか紹介していきます。

 

例えば、N君とP君というのがソーラーパネルに住んでいるとします。(例えばです。)


 

引用元:タイナビ

 

太陽の光がソーラーパネルに当たると

 

Nくんはプラスに。

 

Pくんはマイナスに。

 

移動するようになっています。

 

Nくんはn型シリコン。 Pくんはp型シリコンと言う。

 

すると、

あら、不思議!

 

プラスとマイナスを電線で結ぶと、照明の電気がつくようになります。

 

これをご自宅の家庭につなげることで、ご家庭の家電製品にも使えるようになる。

 

参考元:太陽光発電に関する理科実験より

 

 

光電効果という仕組みなのですが。

 

これ以上、発電について解説すると、A4用紙を5枚から10枚になりますので省きます。汗。


 

簡単に言うと、太陽光発電は太陽の光さえあれば、パネルがいくらでも電気を発電してくれるというわけです。

 

さらに発電した電気は家庭で使えない電気なので、それを加工して家で使えるようにします。

 

 

分かりやすく言うと、釣ったばかりの魚を人間はそのまま食べれませんよね?

 

焼いたり、煮たり、さばいたり(お刺身)して食べるようにします。

 

電気を家庭で使えるように、変換する装置も必要で、これはパワコンと言います。

 

 

太陽光発電は太陽の光が・・・

  • 太陽光パネル
  • 中継器
  • パワーコンディショナー
  • 分電盤
  • 家庭の家電に使用
  • 余った電気は電柱に乗って送電される

以上の流れになっています。

 

これが大まかな太陽光発電の流れになります。

 

太陽光発電は太陽の光があれば、電気を発電できるのでとってもエコなエネルギーなんです。

 

 

温室効果ガスも発生しないですよ♪

 


 

 

太陽光発電は蓄電池と相性が良い!

 

 

 

太陽光発電は発電した電力を、ご家庭の家電に使ったり、余った電気を売ることができます。


 

ですが、太陽光発電は昼間の太陽が出ている時間しか発電することができません。雨や曇り、それに夜でもわずかに発電している。

 

そのため夜間は、電気を電力会社から購入しないといけない。

 

そこで、昼間の電気を貯めることができる蓄電池があるんです!

 

蓄電池は太陽光発電で発電した電気を貯めることができます。

 

下の論文にも書かれてしました。

 

昼間帯の供給力が需要を上回るような場合には,電力を蓄電池に蓄え,太陽光発電の出力がなくなる夕方以降に活用し,需給調整を行うことが考えられる。

 

引用元:電気設備学会誌より

 

 

家庭のコンセントから携帯電話で充電するように。


 

蓄電池もご家庭の携帯電話と同じで、電気をためることができます。

 

蓄電池も携帯電話と同じで、充電が100%になるとそれ以上電気をためることができません。

 

蓄電池には1kw、3kw など電気が入る大きさが蓄電池によって決められている。

 

電気が入れば入るほど、蓄電池の価格は大きくなっていきます。

 

 

太陽光発電が蓄電池と相性がいいのは、蓄電池が太陽光発電で発電した電気をためることができ、出し入れが自由だということです。


 

これによって安い時間に電気を購入して、蓄電池に貯めることができ、電気の高い時間帯に電気を使うことができます。

 

これが蓄電池のメリットと言えます。

 

 

ですが、蓄電池にはデメリットもあり、初期費用が高いこともあるよね〜。


 

そのため、太陽光発電と蓄電池をセットで買うとお得だと言えます。

 

また、地方自治体から蓄電池に関して補助金が出る場合もありますので、購入する前は地方自治体に確認するとよいでしょう。

 

関連ページ→蓄電池のあれこれ!?

 

蓄電池についての動画です。

 

太陽光発電の売電価格は?

 

 

 

太陽光発電には売電価格というものがあります。


 

 

これはどういうこと?


 

 

太陽光発電の売電価格とは?

 

先ほどチラッと紹介しましたが、太陽の光でソーラーパネルは電気を発電します。


 

10kw未満であれば、まずはご家庭で使い、余った電気を売ることができます。

 

これを売ることができ、これを売電価格という、高ければ高いほどお得ということです。

 

ですが、1kwhあたり電気を売る価格は決まっている。そのため、価格に従って売電して行くしかありません。

 

 

太陽光発電が始まった当初は、国も太陽光発電を広めようと売電価格は1kwhあたり48円もありました。


 

ですが、現在は半額以下まで落ちています。その代わり、太陽光発電の初期費用は高額でした。

 

現在、太陽光発電システムは性能がアップし発電量も多くなり、さらに初期費用が安くなったため、売電価格が安くなっても、将来的に初期投資は回収しやすいです。

 

 

本来、太陽光発電は、10年から15年で初期費用を回収しそれからプラスになります。(トラブルがなく順調な場合。)


 

売電価格は太陽光発電を設置する人が損しないように、国が価格などを考慮して売電価格が決定していきます。

 

調達価格や調達期間は、各電源ごとに、事業が効率的に行われた場合、通常必要となるコストを基礎に適正な利潤などを勘案して定められます。具体的には、中立的な調達価格等算定委員会[外部サイト]の意見を尊重し、経済産業大臣が決定します。

 

引用元:経済産業省 公式サイトより

 

 

当サイトには売電価格の専用のページがありますのでも、興味がある方はチェックしてください。

 

関連ページ→太陽光発電の売電価格

 

太陽光発電を投資として考えているなら?

 

 

 

 

あなたが太陽光発電を投資としてお考えの場合。

 

太陽光発電は投資になるのでしょうか?


 

太陽光発電は投資にはなりますが、場合によっては損するケースも出てきます。

 

 

そのケースとして日射量。故障などが挙げられますよ!


 

太陽光発電は太陽の光を、たくさんもらうことで発電してお金になります。

 

地域によっては日射量は足りず、年間を通してあまり発電しないというケースも地域によってはあります。

 

そのため投資としてお考えなら、日射量の多い地域を選ぶことが大切です。

 

 

太陽光発電の電力需給運用においては、需給バランスが崩れると電力の余剰や不足につながるため、 日射量データをもとにした太陽光発電量予測が大きく外れる事態をいかに減らすかが課題となっている。

 

引用元:人工知能学会全国大会論文集より

 

 

また、太陽光発電の太陽光パネルやパワーコンディショナは故障する可能性もある。

 

 

特に故障しやすいのはパワーコンディショナー言われています。


 

パワーコンディショナーは交換すると30万円以上かかりますので、日々のメンテナンスが大切になっていきます。

 

太陽光発電のメンテナンスの記事もありますので興味がある方はご覧ください。

 

 

\100万円安く見積りするなら!/

※提示した料金以外は請求しません。

 

 

太陽光発電のランキング

 

 

 

ここまでは太陽光発電の「仕組みや売電価格や投資など」紹介していきました。


 

太陽光発電は地域によって、優良な太陽光の会社がありパネルメーカーもたくさんあります。

 

あなたが太陽光発電にあまり詳しくない場合は、損するような太陽光発電の設置をしてしまいます。

 

 

そのため、プロの業者が太陽光発電の設置をし、パネルも最適なものを設置してくれる業者を紹介してくれる無料一括見積もりというものがあります。


 

下に太陽光発電を無料で一括見積もりしてくれる会社を紹介しておきますので、そちらのページをご覧ください。

 

ランキング形式になっているので楽しんでチェックすることができます!

 

関連ページ→太陽光発電ランキング

 

太陽光発電のメリット、デメリット

 

 

 

太陽光発電にはメリットとデメリットが多く存在します。


 

あなたはメリットだけでなく、デメリットも把握する必要があります。

 

太陽光発電は本来10年から15年かけて初期投資を回収し、それからはプラスになるものです。

 

ですが、デメリットを知っておくことで、太陽光発電のメンテナンスの大切さだったり、緊急時にはどう対応していいかもわかるようになります。

 

太陽光発電のメリットとデメリット紹介していきますので、興味がある方は確認してください。

 

デメリットは必見の内容になっています。

 

 

太陽光発電の補助金

 

 

 

以前まで太陽光発電は国から補助金が出ていました。


 

国としても太陽光発電のエコなエネルギーを早く普及したかった考えがありました。

 

これは2011年3月11日。福島原発事故によって、国が原子力発電に対して不安を感じました。

 

そこで太陽光発電の普及を一斉に開始しました。

 

 

太陽光発電が始まった当初は、国からの補助金がありましたが現在はありません。


 

ですが、地方自体から太陽光発電のが出る場合もあります。

 

先ほど蓄電池は地方自治体から補助金が出ると解説しましたが、太陽光発電も出る可能性もありますので、地方自治体に確認してください。

 

太陽光発電の設置費用

 

 

 

あなたが太陽光発電を設置する場合、どれぐらいかかるのか疑問ではないですか?


 

太陽光発電を設置する場合、できれば多くのパネルを設置した方が早く初期費用を回収できる。

 

1kwあたり太陽光発電を設置する費用は平均で29万円となっています。

 

参考元:資源エネルギー庁より

 

4 KWでは約120万円。それにパワーコンディショナーがプラスされます。

 

これは経済産業省が発表した価格ですので、多少は前後する金額となっています。

 

あなたが今の太陽光発電の設置費用と聞いて、

 

「太陽光発電なんて高すぎる。」「絶対損する!」と思われた方。

 

 

それはすこし違います。

 

じつは以下の理由があったんです!


 

災害時に強い!?

 

 

 

太陽光発電は災害時に心強い味方となります。

 

これは何かと言うと。


 

太陽光発電は光さえあれば家電製品を使うことができ、太陽光発電は太陽の光があれば電気を使えると言えます。

 

例えば、あってほしくないのですが、いきなり災害が起きたとします。

 

停電も起きて家の電気は一切使えません。

 

太陽光発電があれば冷蔵庫を冷やしたり携帯電話を充電するなど。電気を使うことができます。

 

 

ご自宅の屋根などに太陽光発電パネルを設置されている方は、停電時でも太陽光発電パネルの「自 立運転機能」で電気を使うことができます。

 

引用元:資源エネルギー庁より

 

 

この安心感が太陽光発電にはあります!

 

保険屋さんはお金が下りるまで時間がかかり、緊急事態での対応は遅いでしょう。

 

ですが、身近でいつも太陽光発電はあなたを守っています。

 

これって、リアルな保険ですよね。

 

 

この理由で太陽光発電を設置される方もいらっしゃいますよ!


 

 

\100万円安く見積りするなら!/

※提示した料金以外は請求しません。

 

 

停電時したら?

 

 

 

いま、紹介したいように太陽光発電は、太陽光の光さえあれば家庭の電気を使うことができます。


 

これは太陽光発電ついている自立運転モードというものです。

 

これに切り替えるだけで、非常コンセントを使うことができます。

 

非常用コンセントを動画でもご覧になれます。

 

パワーコンディショナーが屋外、屋内についてるかによってコンセントの位置は変わります。

 

太陽光発電の非常コンセントについては、関連ページがありますので下をご覧ください。

 

 

太陽光発電は費用のシミュレーションはできる?

 

 

太陽光発電には一括見積もりという「シュミレーション」の方法があります。


 

当サイトでお勧めしているのは、タイナビという無料一括を行ってくれる太陽光発電の会社です。

 

タイナビは太陽光の設置業者を豊富に知り、あなたに会った設置業者を紹介してくれます。

 

ここであなたが納得した場合、太陽光発電の設置やサービスが始まります。

 

それまでは1円もお金がかからないです。

 

下から太陽光発電のタイナビというメーカーを確認することができます。

 

特に別料金は請求されないので安心してご利用になれると思います。

 

タイナビのくわしい情報をチェックする!

\100万円安く見積りするなら!/

※提示した料金以外は請求しません。

 

太陽光発電の協会

 

 

 

太陽光発電には「JPFA」太陽光発電協会。


 

太陽光発電を購入する際の注意点など、書かれている公式サイトなどがあります。

 

その他にも販売施工業者の皆さんへの注意事項。

 

資料、出荷統計。お問い合わせ。太陽光発電に関する活動を行っている協会です。

 

あなたに興味があれば一度は確認しても面白いかもしれません。

 

下に太陽光発電協会の公式サイトを貼っておきます。

 

「JPFA」太陽光発電協会。

 

太陽光発電の今後はどうなる?

 

 

 

太陽光発電の今後はどうなるのか、お話しさせていただきます。

 

太陽光発電の今後はFIT(固定買取制度)さらに下っていくと予想されます。


 

 

「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。

 

電力会社が買い取る費用の一部を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えていきます。

 

引用元:経済産業省

 

 

そのため、太陽光発電を設置されない方が増えていくかと思いますが。

 

先ほど紹介しましたが、太陽光発電は災害時に活躍する保険として、購入される方も多くいらっしゃいます。

 

そのため、太陽光発電は固定買取制度は下がっていきますが、太陽光発電の需要はまだまだあると考えられます。

 

売電価格が下がってから、設置しても損してしまうと言えるからです。

 

 

電気料金も、再生エネルギーの上昇。原油価格の上昇のため、電気代金が高くなる可能性もあります。


 

太陽光発電を設置することで、電気料金を太陽の光でまかなうので大きいかなと思います。

 

 

特に夏場のエアコン代が安くなると、ニヤケてしまうという方もいらっしゃるとか。(笑)。


 

\100万円安く見積りするなら!/

※提示した料金以外は請求しません。

 

 

太陽光発電の耐用年数は?

 

 

 

太陽光発電の耐用年数は、多くのデータがないのではっきりとは言えませんが。


 

太陽光発電を設置し、30年稼働し一度も壊れてないという太陽光発電システムもあります。

 

また、太陽光発電を設置すると保険に加入しますが、保険期間も長く10年から20年となっています。

 

なぜ、メーカーまで保険の期間を長くするかと言うと、太陽光発電は壊れにくいことを知っているからです。

 

だからここまで保険の年数を長くできています。

 

 

太陽光発電はメンテナンスを行うことで寿命を延ばすことができます!


 

太陽光発電のメンテナンス

 

 

 

太陽光発電にはメンテナンスが必要です。


 

メンテナンスの内容ですが、パネルに鳥のフンや雑草などがある場合は発電できません。

 

そのため、清掃を行います。さらにパワコンが正常に動作してるかのメンテナンスなども専門の業者に見てもらうと良いでしょう。

 

現在では格安のメンテナンス業者など、太陽光発電を設置した際に紹介されますので特に不安はないかと思います。

 

太陽光発電の法定点検

 

 

 

太陽光発電には法定点検というものがあります。


 

これは法律で何年に1回は点検してくださいね。と言うものです。

 

太陽光発電を点検することで、事故を未然に防ぐことができるので法定点検を設けています。

 

基本的に太陽光発電の点検頻度ですが、50kw以上であれば年2回は行わないといけません。

 

ですが、50 kw未満であれば自主点検で構わないとなっています。

 

 

自主点検ですが、4年に1回程度で良いとされています。

 

主な施設は、戸建住宅、小規模な工場、事務所などにあたります。


 

50kw以上であれば2ヶ月間から6ヶ月に1回は変電設備。

 

パネル、パワーコンディショナーは6ヶ月に1回となっています。

 

メンテナンスの方法は、「目視点検」と「測定機器による数値測定」の2種類があります。

 

住宅用を含む50kW未満の太陽光発電設備では、自主点検を行うのみで特に点検頻度は決められていませんが、50kW以上2000kW未満の場合は、年2回以上のメンテナンスが必要です。

 

引用元:楽エネ公式サイトより

 

 

太陽光発電のツイッターから口コミ

 

 

太陽光発電には多くのTwitter が寄せられていました。

 

特に太陽光発電がわかるTwitter を載せておきますので、興味があれば下を確認してください。


 

 

 

 

 


あなたにピッタリの販売店が見つかる↓↓

 

>>>太陽光発電の激アツ人気ランキング!!

 

太陽光発電の屋根に関すること!?

 

 

 

太陽光発電は主に屋根につける電気設備ですが、屋根のトラブルも多くあります。


 

その代表例が天井から雨漏り。

 

屋根についてるパネルが反射して近隣住民が眩しい光害。

 

以上の2つがあります。

 

天井から雨漏り

 

 

 

太陽光発電を設置した屋根から雨漏りは大丈夫なのか?

 

よく心配される方も多くいらっしゃいます。


 

これに関して太陽光発電を屋根に設置して、雨漏りが起こることはほとんどありません。

 

ですが、設置業者によって雨漏りが起こる可能性がわずかにあります。

 

そのため設置業者は安心できる業者を見つけることが大切です。

 

雨漏りについては関連ページがあるのでそちらをご覧ください。

 

 

太陽光パネルがまぶしい(光害)

 

 

 

太陽光パネルが反射して、まぶしいと近隣住民で裁判沙汰になったケースも過去にありました。


 

そのため、太陽光発電のパネルを設置する場合。

 

太陽光発電を設置する段階で、太陽光の反射角度など計算する必要があります。

 

反射光問題とは、太陽光の光を太陽光パネルが反射し、ご近所の建物の窓などに反射した光が差し込んでしまう問題で、光害とも呼ばれています。

 

引用元:タイナビネクストより

 

これも専門の業者に任せれば眩しいなど、近隣住民とトラブルになることを避けることができます。

 

業者選びは非常に大切です。

 

太陽光発電のパネルの光害対策のページもあるので、興味があればチェックしてください。

 

 

太陽光発電はつけるべきか?

 

 

 

結局、太陽光発電はつけるべきなのか?

 

こういった疑問にぶち当たるはずです。


 

太陽光発電は初期投資を回収するまでに、かなりの時間を必要とします。

 

ですが、メリットが大きいこと。が太陽光発電を設置する大きな理由。

 

さらに地球温暖化をおさえることもあなたの協力でできます。

 

あなたの考え方や地球環境に興味があるかでつけるべきかと思います。

 

当サイトには太陽光発電をつけるべきかの記事がありますので、興味がある方はチェックされてください。

 

太陽光発電のまとめ。

 

 

太陽光発電の仕組みから売電価格、それにメリットデメリット。

 

太陽光発電の今後や災害時など、さまざまのことを紹介させていただきました。

 

また、太陽光発電に興味があれば、気軽に無料一括見積もできますので、ランキングページを確認すると良いでしょう。

 


あなたにピッタリの販売店が見つかる↓↓

 

>>>太陽光発電の激アツ人気ランキング!!

 

 

本日はここまで読んでくれて、ありがとうございました。(人''▽`)☆


 

 

\100万円安く見積りするなら!/

※提示した料金以外は請求しません。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る