【楽ちん!】ループ電気でかんたん見積もりはここから!

【楽ちん!】ループ電気でかんたん見積もりはここから!

looopでんきをYouTube動画で視聴!

 

ループでんきは「価格・サービス・電気供給実績」のすべて1位を取っています。

 

基本料金は0円。電力使用量は均一で大変おトク。

 

解約しても違約金は無く、お試し感覚で申込み可能です!

 

>>>気楽にループでんきに申込みする!

 

 

 

私は電気関係の仕事を10年以上し(電気の資格あり。)太陽光発電の仕事もしていました。(プロフィール)

 

本日はループ電気の料金見積もりについて紹介します。


 

あなたがループ電気に申し込みするなら、まずは見積もりを確認したいですよね。

 

いきなり、ループ電気に申し込みして、電気料金が高くなったら最悪です。

 

このページでわかることは?

  • ループ電気のかんたんな見積もりの方法を紹介
  • 見積もりのやり方をわかりやすく解説

 

ループでんきの基本情報

  • 会社名:株式会社Looop
  • 契約プラン:個人プラン、高圧プラン、ソーラープランなど
  • 基本料金:0円
  • 電気量料金:エリア均一(東京電力エリア26.4円)
  • 解約金:発生しない
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替
  • 申込み:ネット申込み
  • 公式サイト:looop-denki.com

 

 

ループ電気の見積もり方法

 

 

 

ループ電気で電気料金を見積もりする場合、最も簡単な方法は公式サイトに入ってきます。


 

そこに料金シュミレーションがありますので、シュミレーションを使えば電気料金の見積もりを簡単に出すことができます。

 

 

公式サイトの「電気料金計算」という所をクリックします。

 

すぐに料金シュミレーションの画面に行きますので、そのページで見積もりを出すことができます。

 

 

※このシミュレーションはあくまで試算であり、実際のご請求金額とは異なる場合がありますのでご了承ください。(低圧供給のみ)

 

引用元:東北電力公式サイトより

 

 

下からすぐにループ電気の見積もりを使えます!

 

\さっそく見積もり!/

※登録料や違約金はありません。

v>

 

ループ電気の見積もりには検針票

 

 

 

ループ電気で見積もりを出すには、あなたに一つ用意してもらいたいものがあります。


 

それはあなたのご自宅に届いている「電気ご使用料。」検針票というものです。

 

こんな感じの物↓

 

毎月あなたのご自宅に届く電気料金のことです。

 

ループ電気の料金シュミレーションに、いくつか入力するだけで30秒くらいで見積もりがすぐに分かります。

 

下の公式サイトからもすぐに見積もりを使うことができます。

 

\30秒でかんたん見積もり/

※登録料や違約金はありません。

 

 

ループ電気の見積もりのやり方

 

 

 

ここからはループ電気の見積もりのやり方を詳しく解説していきます。


 

現在、ご利用の電力会社の情報を入力してもらいます。

 

入力はWeb なので簡単にできます。

 

まずは電力プランを入力してもらいます。

 

 

東京電力であれば

  • 従量電灯B
  • 従量電灯C
  • 低圧電力

 

選んでもらいクリックするだけです。

 

次に従量電灯Bを選んだ場合、契約アンペアを入力してもらいます。

 

電気明細書を見ていただき、あなたがご契約中のアンペアを入力してください。

 

例をあげると、30A、40A、50Aなど。

 

次に対象月は、

 

1か月間で見積もりするのか、12ヶ月間で見積もりするか選ぶことができます。

 

1ヶ月を選んで見積もりにをしていきます。

 

月間使用量1ヶ月時の項目になりますので、1ヵ月の電気使用量を入力してもらいます。

 

以上で見積もりは完了ですが、ガスも一緒に見積もりする場合は、ガスの明細書もご用意ください。

 

ガスの見積もりは

  • 対象月
  • 見積もりパターン
  • 1ヶ月のガス使用量

 

以上を入力していただくと、見積もりが分かるようになっています。

 

今回は電気料金の見積もりのみ、シュミレーションしてみました。

 

すべてを入力して。

 

この内容でシュミレーションをクリックをします。

 

 

押して3秒でループ電気の見積もりが出ました。

 

ここまで、およそ30秒くらいの見積もり時間です。(笑)

 

今回の見積もりは東京電力エリア40アンペア3818kwh使った、見積り金額を出してみました。

 

すると、年間で6,150円お得になりました。

 

あなたが今まで東京電力で電気をお使いなった場合、ループ電気ではこれだけ電気料金が安くなります。

 

仮に500kwhで見積もりを出してもらうと、年間に9,405円安くなることがわかりました。

 

 

契約アンペアが「50アンペア、60アンペア」になると、さらに年間の電気料金が安くなることもウェブの見積もりで簡単に分かりました。

 

あなたもループ電気に乗り換えなら、まずは Webから見積もりを気軽にしてください。

 

\30秒でシュミレーション/

※登録料や違約金はありません。

 

 

ループ電気の見積もり注意点

 

 

 

ループ電気の見積もりには注意点があります。


 

ループ電気の見積もりは、過去の電力統計をデータとして年間の電気代を出しています。

 

そのため、あくまで目安として、見積もりを確認していただければと思います。

 

正確な電気料金の数字は、見積もりでは出ませんのでご注意ください。

 

ですが、かなり近い電気料金の数字が出るかと思います。

 

 

この見積もりには「燃料費調整額」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は含んでない。以上もご注意してください。


 

その他の注意点もシミュレーションの利用上のご注意に書かれています。

 

気になる方は公式サイトでチェックされてください。

 

\30秒でシュミレーション/

※登録料や違約金はありません。

 

ループ電気と契約して解約は?

 

 

ループ電気は契約して、解約しても解約金は一切かかりません。


 

そのため、安心して契約できます。

 

もしも、ループ電気の電気料金が高くても、すぐに解約できるメリットがあります。

 

これってすごい安心感ですね

 

 

小売電気事業者には、料金を含む供給条件の書面による 説明義務が課されていますので、契約期間や契約解除などの諸条件をよく確認し、納得して契約すること が重要です。

 

引用元:国民消費者センターより 

 

 

まとめ

 

 

ループ電気の見積もりについて紹介しました。

 

ループ電気の見積もりはWebなので、非常に簡単に電気料金がわかります。(30秒くらい。)

 

すぐに見積もりだけでもできますから、電気明細をお持ちになり公式サイトでチェックしてほしいです!

 

もちろん見積もり代金は無料です。(笑)

 

 

本日はここまでお読み頂きありがとうございました。

 

ハツオでした!


 

looopでんきをチェック!

 

\30秒でシュミレーション/

※登録料や違約金はありません。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る