【うそ!?】ループ電気は新築で契約できない理由と5つのポイント

【うそ!?】ループ電気は新築で契約できない理由と5つのポイント

looopでんきをYouTube動画で視聴!

 

ループでんきは「価格・サービス・電気供給実績」のすべて1位を取っています。

 

基本料金は0円。電力使用量は均一で大変おトク。

 

解約しても違約金は無く、お試し感覚で申込み可能です!

 

>>>気楽にループでんきに申込みする!

 

 

 

実はわたし(タイヨウ・ハツオ)はループでんきと契約しているのでかなり詳しいと思います。

 

本日はループ電気を新築で申し込みする方法に、ほかにはない情報まで紹介します。


 

このページでわかることは?

  • ループ電気を新築で申込みできない。
  • どこの電力会社でも新築で申し込みできない理由を紹介

 

あなたが新築物件からループ電気に、申し込みする場合は疑問が多いですよね。

 

ですが、この先をしっかりお読みになると、ループでんきと新築物件で契約できるようになります。

 

さらに新築物件では、すぐに契約できない理由もわかり納得できる。

 

あなたが新築物件で契約するなら、絶対に読んでほしい記事になっています。

 

ループでんきの基本情報

  • 会社名:株式会社Looop
  • 契約プラン:個人プラン、高圧プラン、ソーラープランなど
  • 基本料金:0円
  • 電気量料金:エリア均一(東京電力エリア26.4円)
  • 解約金:発生しない
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替
  • 申込み:ネット申込み
  • 公式サイト:looop-denki.com

 

 

ループ電気の新築での契約方法

 

 

 

あなたが引っ越しして、新築戸建てでループ電気に申し込みする。

 

もしくは新築集合住宅の物件からループ電気と契約する場合。


 

 

いきなりループ電気とは契約できません。

 

ループでんきと契約するなら、みなし小売電気事業と契約し、その後にループ電気に切り替えることができます。

 

 

みなし小売電気事業

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力EP
  • 電力ミライズ
  • 北陸電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

 

みなし小売電気事業者の改正法第1条の規定による改正前の電気事業法(昭和39年法律第170号)第6条第2項第3号の供給区域(同法第2条第1項第8号イに規定する離島を除く。)について、指定を行うことが適当と認められたため、本日付けで指定を行いました。

 

引用元:経済産業省公式サイトより

 

 

以上の電力会社と契約してから、ループ電気に切り替えることができます。

 

 

引越し先の新築物件でLooopでんきを契約したい場合は、最初に旧一般電気事業者(※)

 

もしくは新築での電気の使用開始に対応している新電力を契約後、Looopでんきへ切り替えを行う必要があります。

 

引用元:エネチェンジより

 

 

 

注意してほしいのは、中古物件ならループ電気とすぐに契約できます。

 

新築の物件のみ契約できません。


 

 

\簡単スピード申し込み/

※登録料や違約金はありません。

 

 

ループ電気は新築で契約できない理由とは?

 

 

今、ご紹介したようにループ電気は新築で契約はいきなりはできません。

 

では、なぜループ電気は新築の物件で契約はできないのでしょうか?


 

この理由ですが、使用場所が特定できない。

 

これが新築物件でループ電気と契約できない大きな理由です。

 

これは何かと言うと。

 

あなたが現在契約している「電力会社の電気明細」を見ると分かりますが。

 

供給地点特定番号という、22桁の数字が書かれている番号があります。

 

 

 

供給地点特定番号とは、電力小売全面自由化に伴い、電気をお使いいただいている地点を 特定するために、全国一律で付番される22桁の番号です。

 

引用元:関西電力ホームページより

 

 

この番号は新築物件の場合にかぎり、登録が済んでおらず供給地点番号が存在しない場合があります。

 

ループ電気としては番号が存在しないので、電気の供給ができないトラブルが起こります。

 

これを避けるために、まずは大手の電力会社と契約してほしいと言うわけです。

 

以上の理由から新築の物件はループ電気に申し込みできません。

 

 

\簡単スピード申し込み/

※登録料や違約金はありません。

 

 

ループでんき以外でも新築で契約できない

 

 

 

 

今、ご紹介したように新築ではループでんきと契約できません。


 

 

これはループ電気に限らず、他の新電力会社も同じです。

 

あなたが新築で新電力会社に申し込みするなら、いきなり契約はできないのでご注意ください。

 

まずは大手の電力会社に申し込むことが大切です。

 

供給特定番号が電気明細書に書かれていれば、ループ電気とすぐに契約できます。

 

 

ループでんきが新築物件で選ばれる3つの理由

 

 

 

ループでんきが新築物件で選ばれる理由を3つまとめてみました!


 

契約プランが多い。

 

ループでんきはプランが多いので、一人一人に合ったプランと契約できます。

 

家庭用向けのプランから法人向けのプラン、さらに最近ではスマートタイムプランまで登場しています。

 

太陽光発電に電気自動車のプランまであるので、あなたに合うプランがきっと見つかるはずですよ。

 

エコなエネルギーを使える

 

ループでんきは地球環境問題に向き合っている電力会社です。

 

再生可能エネルギーをわたし達にサービスしているので、地球環境に貢献したい方にはピッタリな電力会社です。

 

解約しても違約金0円。

 

looopでんきは解約しても、違約金が発生しません。

 

そのため、めっちゃ気楽に申込みできる。

 

電力会社の乗り換えで、解約金がないのは超大きいです。

 

ループでんきのメリット3選!

  1. 契約プランが多い。
  2. エコなエネルギーを使える
  3. 解約しても違約金0円。

 

>>>気楽にループでんきに申込みする!

 

ループでんきの基本情報

 

 

ループでんきの基本情報

  • 会社名:株式会社Looop
  • 契約プラン:個人プラン、高圧プラン、ソーラープランなど
  • 基本料金:0円
  • 電気量料金:エリア均一(東京電力エリア26.4円)
  • 解約金:発生しない
  • 支払い方法:クレジットカード、口座振替
  • 申込み:ネット申込み
  • 公式サイト:looop-denki.com

 

 

ループ電気は申し込みしても解約金は0円。さらに基本料金まで0円。0円が多い電力会社ですw

 

下の公式サイトで申込みできます。


 

 

\かんたん申し込み!/

※登録料や違約金はありません。

 

 

ループ電気は新築で電気料金が安くなる!?

 

 

ループ電気は基本料金もかからず、1kwh の電気料金も分かりやすいのが特徴です。

 

東京電力エリアで均一の26.4円。


 

電気の使用量が多ければ、それだけ電気料金も安くなりやすいです。

 

公式サイトでは、電気料金のシュミレーションを気軽に使うこともできます。

 

 

ループでんきの料金についてご興味があれば、下の公式サイトをチェックしてください。

 

【重要】ループ電気の料金体系で知ってほしい9つの事!

 

 

まとめ

 

 

ループ電気は新築の物件とは契約できません。

 

そのため、まずは大手の電力会社と契約し、供給地点特定番号を確定することが大切です。

 

番号があれば、ループ電気とすぐに申し込みすることができます。

 

 

 

あなたが新築の物件に住み、ループでんきの電気を気持ちよく使ってほしいですw


 

 

looopでんきをチェック!

 

\簡単スピード申し込み/

※登録料や違約金はありません。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
トップへ戻る